【SMグッズレビュー】セックスフレンドと『ベッド拘束ベルト』を使用したら乱れ具合が尋常ではなかった

この記事を書いた人:

このページではアダルトグッズのNLSで販売されている『超簡単!両手両脚ベッド拘束ベルト アイマスク付』を紹介しています。

NLSの商品ページを開く

このレビューは『tetsunosuke』さん(男性)の体験談です。

『両手両脚ベッド拘束ベルト』の使用目的

セックスフレンドに使う為です。

ラブホテルで使用したのですが、設置されているベッドのタイプによって、使用できないものもあります。

それぞれの角に足があるタイプなら大丈夫です。

それぞれの足に拘束バンドの片方を止めて、もう片方は、ベッドの上にだし、対象者の両手両足を拘束いたします。

『両手両脚ベッド拘束ベルト』を使用した時の体験談

相手はいわゆるセックスフレンドですので、ホテルに行くのは普通のことでした。

以前から、冗談めいて、「コスプレさせて」とか「大人のおもちゃを使わせて」などと言っていました。

毎回言っていると、相手も油断して「今度ね」などと言ってきます。

通販で購入したベッド用拘束バンドを鞄に忍ばせて、いつものように、居酒屋で一杯やっておりました。

2軒目に行くか、ホテルに行くかは、彼女に選ばせますが、大体がホテルで少し休みたいと言います。

彼女がシャワーを浴びている間に、鞄の中からバントを取り出し、ベッドの足に設置しました。

彼女がベッドに横になったとき、前に言ってたソフトSMを持ちかけました。

始めは嫌がってましたが、お酒の力と泣かば強引に手を拘束すると、口では嫌がっていても、ほとんど抵抗をしませんでした。

あとは、両足を拘束して、彼女の自由を完全に奪いました。

フロントに電話をして電マを借り、股間にあてながら、普段はしない、全身を舐めまわしました。

そのあとの、行為の乱れ具合は尋常ではありませんでした。

癖にはなってないと思いますが、拘束バンドは、また使う機会がありそうです。

『両手両脚ベッド拘束ベルト』のオススメポイント

両手両足を拘束され、初めは嫌がったり、身体を触るとくすぐったがったりしておりましたが、こちらも茶化すこと無く、真剣に愛撫を始めると、相手もだんだんその気になってきて、身体の力を抜いてきます。

しかし、そこはやはり、拘束されて羞恥心を掻き立てないといけないので、自由を奪われていると言う自覚は持たせるようにしました。

たとえば、腕を下げたくても下げれない状況で、脇を攻めたり、電マを股間に置いても、足を閉じられないと言う状況を作られるので、女性にはこたえると思います。

『両手両脚ベッド拘束ベルト』のここが悪い

使う相手を選ばないと、完全に引かれてしまう場合もありますし、下手すると逃げ帰られてしまうかもしれません。

普段から、変態プレイの事を、話すようにして、彼女に免疫をつけされるのが大変です。

拘束バンド自体は、彼女の手足にもあまり負担がかからず、優れものだと思いましたが、ベッドに設置するのに、彼女の前だとしらける可能性がありますので、今回行ったように、シャワーを浴びているうちに、これから行われるプレイを想像しながら、設置することをおすすめします。

どうして『両手両脚ベッド拘束ベルト』を使ったの?

ネットによっては金額に差がありましたが、一回で使用しなくなるかも知れないので、一番安い品物を購入いたしました。

今思えば、これからも使用する可能性はありそうです。

商品の購入について

超簡単!両手両脚ベッド拘束ベルト アイマスク付』は、「アダルトグッズのNLS」で購入できます。

超簡単!両手両脚ベッド拘束ベルト アイマスク付

NLSの商品ページを開く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。